,

日本拳法部が「第56回中部日本学生拳法選手権大会」にて、男子団体・男子個人・女子個人の三部で優勝、三冠獲得を達成しました

 

日本拳法部が6月26日(日)に名古屋市天白スポーツセンターにて開催された「第56回中部日本学生拳法選手権大会」に出場し、
男子団体の部で優勝し、大会史上初の7連覇を達成しました。また、その後に行われた男子個人戦・女子個人戦でも優勝をはじめ、
下記の選手が好成績を収めました。

男子個人 :優勝  鈴木 拓巳 (文学部歴史学科3年)
準優勝 柴田 潤也 (文学部宗教文化学科3年)
3位  山本 翔聖 (法学部現代社会法学科3年)
女子個人 :優勝  中橋 春香 (法学部法律学科2年)
3位  伊藤 茜  (法学部法律学科)

また、この大会結果から、9月18日に行われる「2016年全日本拳法総合選手権大会(個人戦)」に中部地区大学生代表として、
鈴木拓巳選手・柴田潤也選手・中橋春香選手が、また、同時開催される「第13回全国都道府県対抗大会(団体戦)」に上記3選手に加え、
山本翔聖・伊藤茜がそれぞれ愛知県大学生代表として出場することが決定しました。

日本拳法部の更なる活躍、ご期待ください。