, , , ,

【硬式野球部】愛知大学野球秋季リーグ戦 最終戦 対 東海学園大学 結果報告

秋季リーグ戦6週目は東海学園大学と対戦しました。以下に詳細を記載します。

▽10月8日(日)


3-2 ○  先発 : 十河(3年) 青島(4年) 後藤(3年)

勝ち点をとりたい愛知学院大学は初回2番渡邊(1年・遊撃手)が安打を放ち出塁し、続く3番三浦(3年・捕手)も安打で出塁する。一死一、二塁のチャンスをつくり続く4番宝島(4年・二塁手)が適時打を放って一点を先制する。その後も一死二、三塁でチャンスは続き5番辰己(3年・三塁手)と7番清水(2年・一塁手)が四球を選び押し出しで追加点を奪う。この回2点をとり、迎えた4回の表、先頭打者に四球で出塁されると投手は十河(3年)から青島(4年)に代わる。しかし、二死二塁で1番にレフト方向へ安打を浴び守備のミスで一点を返されてしまう。一点で抑えその裏の攻撃、8番福本(2年・中堅手)が相手のミスで出塁し、2番渡邊が安打で出塁する。二死一、三塁のチャンスをつくり続く3番三浦がレフト方向へ適時打を放ち一点を返す。5回の表、4番打者に安打で出塁され続く5番にレフト方向への安打浴びる。その後一死満塁のピンチで8番打者の適時打で一点を返されるが6回以降無失点に抑え、8回投手は青島(4年)から後藤(3年)に代わりその後も無失点に抑え3-2で逃げ切り勝利を掴んだ。
(著者:マネージャー1年 濵田)

 

▽10月9日(月)

1-2 ● 先発 : 十河(3年)西山(4年)青島(4年)

初回、三浦(3年・捕手)の四球、宝島(4年・二塁手)のライト前でチャンスを作ると、5番辰己(3年・三塁手)のタイムリーで一点を先制する。しかしその裏、エラーや四球でピンチを招くと、十河(3年・投手)が踏ん張りきれず同点にされてしまう。その後両チーム0が続き、五回裏、二死一、二塁で相手4番の古川にタイムリーを許し、逆転されてしまう。学院打線は最終回にチャンスを作るも、東海学園の好守に阻まれ得点出来ず、惜敗を喫した。
(著者:マネージャー1年 今井)

 

▽10月10日(火)

6-9 ○ 先発 : 後藤(3年)青島(4年) 十河(3年)

リーグ戦第6週3戦目の先発は後藤(3年)。初回から相手打線を抑え、5回まで無失点というほぼ完璧なピッチングを見せた。打っては2回、辰己(3年・一塁手)のライト方向への二塁打で一死二塁のチャンスを作り、佐々木(将)(4年・三塁手)のライトへの安打で先制点を奪う。その後1点リードのまま試合は6回へ。6回表、相手の4番打者に本塁打を浴び、同点に追いつかれる。しかしその裏、宝島(4年・二塁手)のレフトへの二塁打で一死二塁を作ると、続く辰己、与那覇(2年・右翼手)が四球を選び、一死満塁のチャンスを作る。続く打者、佐々木(将)のレフトへの二塁打で一挙3点の追加点を奪う。7回表、後藤は相手打線を三者凡退で抑え、裏の攻撃へ。先頭打者の三浦(3年・捕手)が安打で出塁すると、宝島が死球を受け、無死一、二塁。続く辰己が相手のエラーを誘い、1点の追加点を奪う。その後、与那覇が四球を選び、再び満塁のチャンスを作り、続く佐々木(将)が打った打球は相手のエラーを絡ませ、2点の追加点を奪う。続く福本(2年・中堅手)が内野安打で出塁し、またも満塁のチャンスを作る。ここで渡邊(1年・遊撃手)が相手のエラーを誘い追加点を奪い、この回4点を挙げた。8回表、先発・後藤は連打を浴び無死一、二塁のピンチになると、暴投で1点を返され、ショートゴロの間にも、1点返される。その後も相手の五番打者に本塁打を打たれ、この回3点を返される。その裏、先頭打者の宝島がレフトへの安打で出塁すると、佐々木(将)のライトへの安打で追加点を奪う。9回表、ここまで投げてきた後藤が相手の先頭打者に安打を許し、投手は青島(4年)に代わる。しかし、相手打線を抑えることが出来ず、1点の追加点を許すと投手は十河(2年)に代わる。十河は残り2人の打者をしっかりと抑え、秋季リーグ最終戦は9-6で勝利し1部残留を決めることができた。
(著者:マネージャー2年 佐野)

応援してくださった保護者、大学関係者、OBの皆さま、本当にありがとうございます。

今後とも硬式野球部の応援をよろしくお願いします。

3日目 先発で好投をみせる後藤黛さん(総合政策学科2年)
3日目 走者一掃の勝ち越し2塁打を放つキャプテン佐々木将貴さん(健康科学科4年)