, , , ,

【硬式野球部】平成30年度春季リーグ戦第4戦 VS東海学園大学

以下に3日間の詳細を記載します。

▽第4戦 1日目



先発:後藤(4年) 十河(4年)

リーグ戦第6週の相手は東海学園大学。先発の後藤(4年)は3回まで失点を許さないピッチングを見せた。後攻の愛知学院は2回、主将の三浦(捕手・4年)が安打で出塁すると、バントや連打で打線が繋がり、水野(遊撃手・4年)の犠牲フライで先制点を挙げた。5回には二死から米山(左翼手・4年)が安打で出塁し、続く山下(一塁手・4年)の二塁打で二死二、三塁のチャンスをつくると、1番の福本(中堅種・3年)、2番の井本(二塁手・4年)のタイムリーで2点の追加点、また相手の守備の乱れなどでこの回4点を挙げた。7回には再び福本の三塁打で一死三塁のチャンスをつくると、井本、岡(三塁手・3年)、三浦の連続安打でこの回3点の追加点。守備では4回に後藤から変わった十河(4年)が、安打などで出塁を許すも、しっかりと守りきり最後まで点を許さないピッチングを見せ、8-0で勝利した。

記事:マネージャー 佐野 優花

タイムリーヒットを放つ福本勁信さん(文学部宗教文化学科2年)

 

▽第4戦 2日目

先発:佐藤良(1年)、佐藤雄(1年)、土合(2年)、十河(4年)

一回の裏、二番打者に中安打を放たれて二死から四番打者の左安打で一点先制される。三回愛院大の攻撃で、この回先頭の山下(四番・一塁手)は四球で出塁し、一番福本(三年・中堅手)も敵失で塁に出た。その後井本(四年・二塁手)が犠打で走者を進めた。一死二、三塁になった愛院大は三番 岡(三年・三塁手) が死球で満塁になる。四番 三浦(四年・捕手)も四球を選び、押し出しで一点を取る。同点になったが、三回の裏 一番打者に本塁打を放たれて再び差をつけられる。四回の表、二死から山下が中安打で出塁し、続く福本は四球を選び出塁した。ここで二番 井本が左中間へ二塁打を放ち走者二人を返した。その後三番岡が中安打で追加点を挙げた。点を巻き返した愛院大だったが七回裏、井本の失策で走者を出し、一番打者に中安打を放たれ一点を許す。その後の愛院大は点を取ることが出来ず、八回裏では佐藤雄に代わるもののいきなり四球を与え続く二打者連続安打を放たれる。投手は土合に代わり流れを変えたいところだが左安打で走者を一気に返される。最終回 ここで点を巻き返したいが三者凡退、四対八で敗戦した。

記事:マネージャー 小林 萌乃

2日目先発の佐藤良明さん(総合政策学部総合政策学科1年)

 

▽第4戦 3日目

先発:佐古(一年) 十河(四年) 佐藤良明(一年) 佐藤雄太(一年) 近藤(三年)

今日勝って勝ち点をとらなければきびしい愛知学院大学は二回の表、先頭打者の与那覇(三年・右翼手)安打を放ち出塁すると三番目打者の山下(四年・一塁手)が中安打を放つ。続く齋藤(四年・左翼手)が相手の敵失で出塁し、無死、満塁でチャンスをつくるも点を取れずこの回0点でおわる。
その回の裏先発佐古が一点を奪われる。
三回に佐古に変わって十河が四回まで無失点で抑えるが五回裏に2点をとられる。
六回の裏、投手十河に代わって佐藤良明が登板するが追加点を許す。
しかし、七回の表愛知学院大学の攻撃は二番目打者の山下が安打を放ち出塁し、続く齋藤が四球を選んで出塁すると続く福本(三年・中堅手)が安打を放つ。一死、満塁のチャンスをつくるがこの回一点も奪えずおわってしまう。その後も点を返せず惨敗でおわってしまった。

記事:マネージャー 濵田 佳歩

今後とも硬式野球部の応援を宜しくお願いします!