, , ,

【硬式野球部】平成30年度春季リーグ戦第5戦 VS中部大学

以下に第5戦の詳細を記載します。

▽第5戦1日目

先発 : 佐藤良明(一年)、佐藤雄太(一年)

ここまで勝ち点0の愛知学院大学は二回の表、与那覇(三年・右翼手)が三塁打を放ったが打線が続かなかった。二回の裏、先頭打者に四球で出塁を許すと続く打者に安打を放たれ進塁される。無死、一二塁のピンチに失策で点を奪われる。
続くピンチに五番目打者に安打と失策で追加点をとられこの回三点を奪われた。六回の表、愛知学院大学の攻撃は先頭打者加藤(四年・指名打者)が四球で出塁する。その後三番目打者井本(四年・二塁手)も四球で出塁し、走者を三塁まで進塁されるも点には繋げなかった。その裏、中部大学に追加点を許してしまう。
八回の表、愛知学院大学の攻撃は先頭打者水野(四年・遊撃手)が安打を放ち出塁する。
三番目打者福本(一年・中堅手)が中安打で進塁し、続く打者井本の安打で一死、満塁のチャンスだったがこの回も得点を取り返せず4対0で惨敗した。

記事:マネージャー 濵田 佳歩

ヒットを放つ水野魁斗さん(文学部宗教文化学科4年)

 

▽第5戦2日目

先発 : 十河(四年)

今日勝って次の試合に繋げたい愛知学院大学は序盤から先頭打者福本(3年・中堅手)が二塁打を放ち出塁すると続く打者井本(四年・二塁手) の犠打で福本を塁に進める。一死、三塁のチャンスだったが点には繋げなかった。しかし、三回の裏先頭打者の山下(四年・一塁手)が四球で出塁する。ニ死、一ニ塁のチャンスに五番目打者の米山(四年・左翼手)の適時打と相手の失策でこの回2点を先制する。
先発十河は五回まで無失点に抑えるが六回の表ニ番目打者に二塁打を放たれ続く打者に内野安打で進塁される。無死、一ニ塁のピンチに続く打者の犠飛で一点を返される。
しかし、その後無失点に抑え逃げ切り中部大学から勝利を勝ち取った。
記事:マネージャー  濵田 佳歩

好投を魅せる十河佑揮さん(経営学部経営学科4年)

▽第5戦3日目


先発 : 佐古(一年) 佐藤雄太(一年) 近藤(三年) 白木(三年)

今日の試合を勝ってば勝ち点がつく愛知学院大学は先発佐古が一回の表、先頭打者に四球で進塁され二番目打者に安打を放たれる。一死、一三塁のピンチに併殺打で抑えるも一点を奪われる。その後続くピンチに二塁打、内野安打を放たれ失策もあり追加点を許す。
二回の裏またも先頭打者を四球で進塁させてしまう。二番目打者に安打を放たれ無死、一三塁のピンチに佐古に変わって佐藤雄太が投げる。しかし、三番目打者を四球、その後も打線が続きニ点を奪われる。無死、満塁と続くピンチに投手佐藤雄太に変わって近藤が適時打を放たれこの回四点を奪われる。
その後、三回の表を一失点で切り抜けるも五回に二点を奪われる。愛知学院大学は五回まで打線に火がつかない展開だった。
六回の表、投手近藤に変わって白木が無失点で抑える。その裏、愛知学院大学の攻撃は先頭打者の加藤(四年・指名打者)が本塁打で一点を返す。
七回の裏、先頭打者の三浦(四年・捕手)が死球で出塁すると二番目打者与那覇(三年・右翼手)が死球で出塁する。一死、一二塁のチャンスに続く加藤が二塁打を放ち一点を返すと八番目打者水野(三年・遊撃手)と福本(三年・中堅手)の適時打でこの回三点を奪う。
8回の表、先頭打者の三浦が四球で進塁すると続く打者山下(四年・一塁手)の二塁打で一点を返す。最終回も点を徐々に返していくがあと一歩及ばず敗れた。

記事:マネージャー 濵田 佳歩

相手打線に追加点を許さぬピッチングを魅せる白木琢也さん(文学部宗教文化学科3年)

5月31日(木)には閉会式が行なわれ、愛知学院大学硬式野球部からは福本勁信さん(文学部宗教文化学科2年)が外野手としてベストナインに選出されました。

平成30年度春季リーグ戦 外野手 ベストナイン 福本勁信さん(文学部宗教文化学科2年)

今後とも硬式野球部の応援を宜しくお願いします!