, , ,

【硬式野球部】秋季リーグ戦第3週 対 名城大学

秋季リーグ戦 第3週 1日目 対 名城大学


先発 後藤(4年)、十河(4年)、萩原(3年)、佐藤雄(1年)

初回の愛院大の攻撃は三者凡退で終わったが、裏の守備では先発の後藤が一番打者に内野安打を放たれ、二者連続四球を与えてしまい満塁のピンチを作ってしまうが、その後立て直し、投ゴと遊飛でその回は無失点で抑えた。二回の表、先頭打者の岡(3年・三塁手)が見事な左本塁打を放ち先制点を挙げた。しかしその裏、先頭打者の右安打で出塁され、その後九番打者にも安打を放たれる。一死一、二塁の場面で一番打者の二塁打を浴び一点返され試合は振り出しに戻った。三回から愛院大は無得点のまま終盤を迎える。七回では途中出場した所(4年・二塁手)の三振で一死になるが、井本(4年・遊撃手)が四球を選び岡が際どい球に粘り強く食らいつき中安打を放つ。西平が(4年・右翼手)が左飛を放ち二死一、二塁になるも続く加藤(4年・一塁手)が右安打を放ち二死満塁の場面を作る。流れに乗ってきた愛院大だったがあと一本が出ず、得点に繋がらなかった。九回、井本が際どい左飛を放つも一死になるが続く岡が本日二本目の本塁打を放ち一点を返す。しかしその後の打線は続かず点を取ることが出来ず敗戦した。

(記事・硬式野球部マネージャー 小林萌乃)

 

秋季リーグ戦 第3週 2日目 対名城大学

先発 佐藤(良)(1年)、白木(3年)、十河(4年)、萩原(3年)、土合(2年)

初回、先発の佐藤(良)(1年)は相手の先頭打者に四球を与え、続く打者に安打を許すなどして、一死二、三塁のピンチを招く。その後味方の失策や相手打線の流れを止めることが出来ず、この回4失点と苦しい立ち上がりとなった。また4回表にも連続安打を浴び、3点の追加点を与えてしまい、この回投手は佐藤(良)から白木(3年)へ。愛知学院の攻撃は5回裏、与那覇(3年・捕手)が二塁打を放ち出塁すると、続く福本(3年・中堅手)が四球を選び、その後盗塁も決め、一死二、三塁のチャンスを作ると主将の井本(4年・遊撃手)がタイムリーを放ち1点を返す。その後も4番岡(3年・三塁手)の安打でさらに2点の追加点を挙げた。6回から投手は白木に代わり十河(4年)。代わった直後、相手打線を三者凡退で完璧に抑え、愛知学院に流れを引き寄せると思われたが、7回に再び連続安打を浴び、2点の追加点を与えてしまう。反撃したい愛知学院はその裏、先頭打者の井本が相手の失策を招き出塁すると、加藤(4年・一塁手)、岡、西平(4年・右翼手)のクリーンナップの打線が繋がり再び2年を返した。しかし、初回の4失点が大きく響くことになり、9-5で敗戦となった。

(記事・硬式野球部マネージャー 佐野優花)

 

ハイタッチをする井本選手と所選手
チャンスを広げるヒットを放つ西平選手