, , , ,

【硬式野球部】秋季リーグ戦 第2週 対愛知工業大学 2日目

秋季リーグ戦 第2週 2日目 対 愛知工業大学
○4-3

【先発】

鈴木 健太 (文学部宗教文化学科2年・東邦)

渡邊 豪  (文学部日本文化学科4年・中京学院大中京)

河村 真緒 (総合政策学部総合政策学科3年・東邦)

下川 翔汰(心身科学部健康科学科 2年・田川)

佐々木 将太(文学部宗教文化学科3年・金光大阪)

山内 佑真 (心身科学部心理学科2年・北陸)

松野 航希(経済学部経済学科3年・創志学園 )

三島 有貴 (心身科学部健康科学科1年・享栄)

恒川 秀文 (経営学部経営学科2年・中京学院大中京)

先発 荒島竜太(総合政策学部総合政策学科2年・東邦)

【試合】

今日勝利して、明日の3戦目へ繋げたい愛知学院大学。

初回、愛知工業大学の攻撃は、先頭打者から内野安打と盗塁により、無死二塁となる。続く打者を凡打に抑えるも、一死三塁からの犠飛で先制点を取られる。

その裏、ここで点を取り返したい愛知学院大学は、相手投手をとらえられず、三者凡退に終わる。

2回裏、愛知学院大学の攻撃は、先頭の下川(指名打者・2年)が右安打を放ち出塁するも、
続く佐々木将(二塁手・3年)の犠打失敗により、塁を進めることが出来ない。
しかし、その後6番山内(右翼手・2年)が四球で出塁し、一死一、二塁の好機となる。
ここで、松野(中堅手・3年)の鋭い右前適時打により、佐々木と山内が生還し、2点を返し、逆転に成功する。
その後、二死一塁から恒川(三塁手・2年)が左安打を放つも、相手の好守備に阻まれ、点には繋がらず。

先発の荒島は、三島有(捕手・1年)の盗塁刺の好プレーにも助けられ、2、3回を共に3人で打ち取る。

6回表、愛知工業大学の攻撃は、二死から左安打を打たれ、さらに、強烈な左中間への2塁打を浴び、1点を失う。

8回表、愛知工業大学の攻撃は、連続内野安打で無死一、二塁となるも、続く打者が一ゴロに終わり、
一死一、三塁となる。なんとか立て直したい荒島だが、続く打者に左安打を許し、1点を返されたところで投手は池村(1年)に代わる。
池村は四球を出すも、粘り強いピッチングを見せ、この回を終える。

ここで点差を広げたい愛知学院大学だが、その後の6、7、8回は相手投手を攻略出来ず、無得点に終わる。

9回表、池村が先頭打者に中前安打を放たれ、出塁を許す。そして続く打者を見逃し三振に抑えると同時に一塁走者が盗塁を仕掛けるも、
太田(捕手・4年)の好送球により盗塁刺で併殺となる。愛知学院大学はこの回を0点で切り抜け、最後の攻撃を迎える。

9回裏、愛知学院大学の攻撃は、先頭の渡邊(一塁手・4年)が二塁手の失策により出塁すると、
無死一塁から3番河村(左翼手・3年)がサヨナラの2ラン右本塁打を放ち、試合を決めた。

今試合では、河村の一振りがチームを救い、接戦の末、4-3で制した。

【選手コメント】
8月中にチームとして徹底して続けてきたことが、出来ていたと思います。
先制された後、すぐ取り返すことができ、その後逆転されるがそこで踏ん張り、最後は勝つことができました。
チームで取り組んできたことは、一塁まで全力で走ること、フライを上げても全力で走ること、攻守交代は全力でいくことの3つです。
これは、当たり前のことですが、やり続けるのは難しいことです。
強いチームをつくろうと思えば、この当たり前がどこまで徹底できるかが大切になってきます。
最後まで諦めず、自分たちのやるべきことを一生懸命やった結果、相手のミスを誘い、最後は河村がよく打ってくれたなと思います。
これからも、勝つという1つの目標に向かって、チーム全員が同じ方向を向いて、1球にくらいついてやっていきたいと思います。
監督、マネージャーも含めて、全員が勝利という同じ方向を向かなければならないと思います。
選手は、様々な協力があることへの感謝の気持ちを忘れず、メンバーはそのチームの代表としての誇りと覚悟を胸に戦っていきたいと思います。
(文学部日本文化学科 4年 渡邊豪)

左:総合政策学部総合政策学科3年 河村真緒

中央:文学部日本文化学科4年 渡邊豪

右:心身科学部健康科学科2年 下川翔汰

 

2ランホームランで生還した河村を迎える選手たち

(記事・硬式野球部マネージャー 心身科学部心理学科2年 安田湖音)

これからも硬式野球部の応援をよろしくお願いします!