, , ,

【硬式野球部】秋季リーグ戦第3週1日目対名城大学結果報告

秋季リーグ戦第3週1日目対名城大学○1-2x

先発 池村(2年)、荒島(3年)、佐藤(良)(4年)、河村(海)(3年)

リーグ戦初戦の相手は名城大学。
先発の池村は、毎回走者を背負いながらも、要所で粘りの投球を見せ、6回を無失点に抑える。
7回から登板した荒島もその回を堂々たる投球で三者凡退に抑え、両チーム譲らず投手戦が続く。
8回表、ついに試合が動く。
一死二塁のピンチで佐藤がマウンドに上がるも左二塁打を許し、先制を許す。
しかしその裏、先頭の恒川(三塁手・3年)が四球と相手のボーク、続く藤代(右翼手・2年)が犠打で送り一死三塁の好機を作ると、2番佐々木(将)(二塁手・4年)の内野安打で試合を振り出しに戻す。
最終回、ここを抑え勢いよく攻撃につなげたい愛知学院大学は、マウンドに河村を送る。河村はこの回をきっちり0点に抑える好投をみせる。
9回裏、勝負を決めたい愛知学院大学は、先頭の4番、坂上(一塁手・2年)が起死回生のサヨナラ右本塁打を放ち、今季初戦を白星に収めた。

〜以下、選手談話〜
一塁手 坂上大誠
名城大戦は耐えて耐えて守り抜き、全員野球で勝利することができました。この2戦で勢いがつき、チームとしても個人としても成長できたのではないかと思います。自分自身も下級生ならではの気迫のプレーをし、チームの勝利に貢献します!
次戦も勝利し、開幕カードを連勝で飾りたい。

(記事・硬式野球部マネージャー 心身科学部健康科学科3年木村彩乃)